無理なく返済が進められる

アコムでお金を借りると、多額の返済を迫られるイメージを持つかもしれません。しかし、毎月の返済額というのは、アコムではそれ程多くはありません。

 

借入時の借入残高によって毎月の返済額が変わります。アコムでは借入限度額と借入額によって返済額が決められています。

 

アコムでは限度額30万円以内の場合、借入額の4.2%を返済します。限度額30万円超100万円未満の場合には、借入額の3.0%を返済します。いずれも1,000円未満は切り上げとなります。

 

例えば限度額30万円のアコムのカードを契約していて、5万円借りた場合、借入額の4.2%を毎月返済していきます。5万円の4.2%は2,100円ですが、1,000円未満は切り上げなので、毎月3,000円返済していきます。アコムでお金を借りたとしても、いきなり多額の返済を求められるというより、コツコツと返済していくようになります。

 

ただし、借入を繰り返して借入残高が増えてくると、毎月の返済額も増えていきます。借入が5万円ならば返済額は3,000円ですが、借入が10万円となると、毎月の返済額は5,000円に増えます。さらに借入れを繰返し、借入残高が20万円になると、毎月の返済額は9,000円となります。

 

無理のない返済で利用するならば、借入残高が減らない内に安易に借入れを繰り返さないように注意が必要です。

 

さらに余裕のある返済をしたいなら

アコムでも比較的無理のない返済ができるようになっていますが、それでも金利の高さは大きなデメリットとなります。消費者金融でのカードローン利用で手軽で便利であるために仕方が無い部分はありますが、なるべく低金利で借りた方が返済時の利息負担が軽くなるため、有利であるのは間違いありません。

 

とにかく早くに現金が必要でアコムで借りた後に、やっぱり低金利で低負担での利用をしたいと考えた場合には、低金利のカードローンへの乗り換えとなる借り換えローンを考えてみるのも手です。また、アコム以外にも借入れを抱えてしまっている場合には、全てを一まとめにするおまとめローンも効果的でしょう。

 

銀行で借りるカードローンなら低金利のおまとめローンも十分に可能となり、毎月の返済も最終的な返済負担も軽くできる可能性があります。アコムで借りたままのときよりも余裕のある負担を抑えた返済が可能となるので、返済負担が大きい、さらに余裕のある返済を進めたいと考えるのであれば、借り換えやおまとめを検討すべきです。